2021.3.22(月)ギタリストの自由


忙しすぎてしばらく日記を書いていなかった間に、東北を震源とする割と大きな地震があったり(本当は東日本大震災から10年の気持ちをしっかり書き留めておきたいところ)、桜が咲いたり、土砂降りの雨の一日があったり、緊急事態宣言が解除されたり、とにかく目まぐるしくいろんなことが変わる3月。季節はもうすっかり春。ダウンジャケットは要らない。このペースだと、今週末くらいには殆どの桜が満開になりそうな速さ。


毎日日記を書いていた頃は、日々の移ろいや目に映ったものごとを、無意識に書き言葉に変換して定着する癖がついていたと思う。今はすっかりギター言語に脳内を埋め尽くされていて、スキあらば、アドリブのギターソロのフレーズをイメージで歌っている。



今欲しいのは、頭に浮かんだフレーズを確実にギターで歌わせる技術。元々速弾きは得意じゃないし惹かれない。口笛を吹くみたいに、確実にイメージとプレイが直結したら、どんなに自由になれるだろう。

宮沢和史くんのライブで火が付き、今週木曜のINO HIDEFUMI君とのセッションライブに向けて、今月はとにかくずっとギターを弾いている。チョーキングしすぎて左手が深爪になってしまってセロテープを巻きながら練習したり、今は、カッティングしすぎで右手の人差指の爪がほとんどすり減ってしまったり。それでも、楽しい。



今回のセッションは自分の歌うパートも半分あって、持てる引き出しをほとんど使い切る感じ。セッション曲も、かなり自由に遊べるようになってきて、日記を書く心理的な余裕もやっとでてきた(笑)。

SSWとギタリスト(たまにアヴァンギャルド)の真髄を、一つのライブで見せられそう。

■ INO hidefumi THE SESSION vol.4 featuring 高野寛

2021年03月25日(木)20時〜 生配信


詳細 >> https://rittorbase.jp/event/377/




689回の閲覧

最新記事

すべて表示
高野寛 Official site [HAAS] Since 1998.

© 2021 by SUNBURST Inc.​