top of page

BIOGRAPHY

高野寛 / Hiroshi Takano  
ミュージシャン

1964年生まれ。大学生の頃から当時は珍しかった宅録による創作を開始。1988年、高橋幸宏プロデュースによるアルバム「hullo hulloa」でソロデビュー。ほとんどの楽曲の作詞・作曲・編曲・ギター・プログラミングを自ら手掛けるスタイルで、2019年までにベスト盤を含む22枚のソロアルバムをCDで発表。2020年春以降は、未発表作品をbandcamp限定配信リリースし続けている。(2024年4月現在・50アイテム)

 

ソロ作品の他、世代やジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションも多数制作。宮沢和史らと結成したGANGA ZUMBA、高橋幸宏・原田知世ら​と結成したpupa(ピューパ)、BIKKE・斉藤哲也と結成したNathalie Wise(ナタリーワイズ)などのバンドでも活動。ナタリーワイズは長い活動休止を経て2021年に「再奏」、2023年​5月には19年ぶりのフルアルバム『Open Sky』をリリース。

ギタリストとしてもYMO、高橋幸宏、細野晴臣、TEI TOWA、星野源を初めとした数多くのアーティストのライブや録音に参加し、坂本龍一や宮沢和史のツアーメンバーとして延べ20カ国での演奏経験を持つ。サウンドプロデューサーとしては小泉今日子、THE BOOM、森山直太朗、GRAPEVINE、のん などの作品を手がけている。

Spectra』(2018)、『Everything is Good』(2017)、『TRIO』(2014) などのアルバムジャケット写真は自身の撮影による作品で、2014年のブラジル滞在中に撮影した写真と滞在記によるフォト・エッセイ集『RIO』も刊行している。

 

2013年4月から京都精華大学ポピュラーカルチャー学部・音楽コース特任教授に就任、2018年4月〜2023年​3月に同学部客員教授を務めた。

2024年春・デビュー35周年を期に、ミニマルやアンビエントなどポップスの外側にある音楽を中心としたソロユニット「HAAS a.k.a. Hiroshi Takano」も始動。SSWとしての最新アルバムを2024年秋以降にリリース予定。

---


Hiroshi Takano / Musician

Hiroshi Takano was born in 1964. He made his solo debut in 1988 with the album "hullo hulloa" produced by Yukihiro Takahashi. He has released 22 solo albums on CD by 2019, including a best-of album, and has been releasing unreleased works exclusively on bandcamp since the spring of 2020. (As of October 2024, 50 items)

In addition to solo works, he has produced numerous collaborations with artists of different generations and genres. He is also active in bands such as GANGA ZUMBA formed with Kazufumii Miyazawa and others, pupa formed with Yukihiro Takahashi, Tomoyo Harada, and others, and Nathalie Wise formed with BIKKE and Tetsuya Saito. 

As a guitarist, she has participated in live performances and recordings of numerous artists including YMO, Yukihiro Takahashi, Haruomi Hosono, TEI TOWA, Moreno・Domenico・Kassin +2,and Gen Hoshino, and has played in a total of 20 countries as a tour member of Ryuichi Sakamoto and Kazushi Miyazawa. As a sound producer, he has worked with Kyoko Koizumi, THE BOOM, Naotaro Moriyama, GRAPEVINE, Non, and many others.

 

He has taken the album cover photos for "Spectra" (2018), "Everything is Good" (2017), and "TRIO" (2014), and has also published a book of photo essays entitled "RIO," which includes photos he took during his stay in Brazil in 2014.

In the spring of 2024, on the occasion of the 35th anniversary of his debut, he also started a solo unit "HAAS a.k.a. Hiroshi Takano" focusing on music outside of pop music such as minimal and ambient, etc. His latest album as SSW will be released in the fall of 2024 or later.

bottom of page