2021.2.13(土)ネ申

ギターの基礎練習をした他は、のんびりした1日。

ずいぶん日がのびた。今日は3月下旬~4月上旬のあたたかさ。


今このテキストは、iPadの手書き入力で書いている。正直、遅い(笑)

普段書いているような崩し気味の文字だと、時々とんちんかんな変換をしてしまうから。

ここまで書くのに、日本語手書き入力のアプリを入れて、諸々設定して、仲々使い方に手こずって、かれこれ30分は経った。

雑に書くと、ちゃんと読みとってくれないし。

例えば、「神」の字をちょっと幅広に書くと、「ネ申」になる。ネットスラングか(笑)


でも、気分が変わっておもしろい。

きっと、長文を書いたら文体も変わるはず。

ゆっくり書くことで、思考の速さが変わる。


毎朝、昨日のことを思い出して、紙のノートに短い日記を書いているのだけれど、

正直、漢字の忘却が酷い。ひらがなだらけにならないように、スマホで調べながら書いたりしている。


スマホが出現して、ヒトの脳力の多くはスマホの中に移動した。

今、5件以上電話番号を記憶している人は、何割くらいいるだろう?

僕は元々強度の方向音痴なので、今は乗り換え案内とスマホのマップなしで、1人で見知らぬ場所に行ける自信がない。


マシンを理解して、手懐けて、道具として使い倒すのは大好き。

でも、マシンはいつか壊れる。電気も、何かの拍子に止まってしまうことがある。

いい関係で、依存しないで共存していけたら。

これは、阪神大震災でライフラインが止まった時、「停電してもライブができる人になりたい」と決心して、本気で弾き語りするようになって以降、ずっと自分の中で大事にしていること。


最先端はいつも刺激的だけど、脆くて儚い。

'80年代から、ずっとテクノロジーを追いかけてきたからこそ、よくわかる。

僕はまだiphone6sを使ってる。ヘッドフォンジャックのついている最後のiphone。

自分でバッテリーを換えて以降、絶好調。

もうしばらく、これでいく。


手書きゆえ、とりとめもなく。

今日はこれにて。



512回の閲覧

最新記事

すべて表示