2021.4.3.(土)あれから1年

毎日あたたかい。今日の福岡は28度近くまで気温が上がったらしい!



今回もbandcamp fridayのリリース『新生音楽(シンライブ)2020 . 3 . 24.』 多くの方に楽しんでもらって、感謝 ✕ 感謝。 「Cinra.net」にも取り上げていただきました。


思いの丈は特典のブックレットに思い切りぶつけているけど、そこにも書いてなかったことを、昨日夜中にふと思い出し連続ツイートしていたので、まとめておきます。

-----

2020年3月24日に「新生音楽(シンライブ)」は無料で生配信されました。

まだ配信ライブが一般的じゃない頃でした。


有料にするかどうかを、スタッフ含め随分話し合いました。

チケット制にして、確実に収益化する案も捨てがたかったのですが、せっかくの新しい試みを広く皆さんに見て欲しいという思いから、

①投げ銭

②物販

③音源の販売

で収益をあげられないか、試してみようという結論になりました。


①②は生配信当日に敢行され、③はアーカイブ終了後に、ということになりました。

当初は2週間ほどでアーカイブを閉じる予定でした。


ところが生配信直後、初の緊急事態宣言発令。スタジオに集まることすら叶わない日々になってしまいました。

僕と郁子ちゃんで話し合い、「コロナが収束してライブが普通に戻ってくる時までアーカイブを残そう」ということに決めました。

年内にはこの騒ぎも落ち着くだろう、という期待もあったのですが、結局状況は大きく変わらないまま、いつしか一年が過ぎてしまいました。


あれから1年が経とうとしていた今年の2月、郁子ちゃんから「シンライブの音源を配信しましょう」という連絡をもらいました。1年が過ぎ、総括するなら今だろう、と僕も思いました。そこから急ピッチに、そして丁寧に作業を進めて、やっと4月2日(もう昨日ですね)、リリースとなりました。


そんなわけで ③音源の販売 が果たせた今、やっと「新生音楽(シンライブ)」の目標が達成できたことになります。このプロジェクトは、プロデューサー石原さんを初めとしたスタッフの善意と、リスナーの皆さんの協力で実現に漕ぎ着けることができました。


1年前、配信ライブは僕らミュージシャンの生命維持装置でした。外に出られない日々も「新生音楽(シンライブ)」があったから前向きに乗り越えられたと、しみじみ思います。


音源として配信できて、やっと「新生音楽(シンライブ)」は一区切りです。みんなの思いが詰まった記録、よろしくお願いします。

*音源は引き続きbandcampで配信中・販売中です。

https://takanohiroshi.bandcamp.com/album/2020324




*アーカイブ映像は来週4/9くらいまで残します。

https://www.youtube.com/watch?v=peGPNQgkgl8&t=1818s

467回の閲覧

最新記事

すべて表示