2021.2.17(水)生まれ変わる

風は少し強かったけれど日差しは温かい一日。




午前中にMUBIで短い映画を見ようと思って、サムネイルだけで「END OF SUMMER」というモノクロの映画を選んだ。南極の風景をただ淡々と、8mmフィルムで撮っている作品。音楽も良い。皇帝ペンギンが人に見えてくる。この人達は何を思って、生きているんだろうなんて考える。否、何も考えていない。ただ生きてる。人類にはできない営み。サントラの雰囲気で80年代くらいの映画だと思っていたら、2014年の作品だった。いい30分間だった。



ラジオを小さい音で聞いていたら、既視感のあるメロディと過剰なサウンド、今っぽい転調のおしゃれな日本語の曲が流れてきた。音が小さくて、誰が歌っているのか分からなかった。MILLENNIUM PARADEの新曲?と思って調べたらまさかの星野源くんの新曲で、ほんとに驚いた。







星野くんとは、2回だけがっつり仕事をしたことがある。 1度目は2013年のアルバム「Stranger」に「生まれ変わり」のコーラスアレンジとコーラスで参加した時。「生まれ変わり」の詞にはこんなフレーズがある。

「生まれ変わりがあるのなら 人は歌なんて歌わないさ」


「Stranger」を録り終えたスタジオで星野くんは病に倒れ、しばらく休養する。 2度目は、その時キャンセルされた武道館ライブの2014年の振替公演「Stranger in Budokan」でバンマスを勤めた時。その後の破竹の快進撃は、皆さん御存知の通り。


最新インタビューで星野くんが「生まれ変われるのは、生きてる間だけですからね」と語っていた「創造」は「生まれ変わり」の再定義の曲だったんだ。

今まで星野くんはサウンドのスタイルを頻繁にアップデートしてきたけれど、この曲はサウンドだけではなくメロディも曲の展開も、今までとは違う次元に到達してる。






僕も以前「美しい星」という曲で「生まれ変わり」という言葉を歌詞に織り込んだことがある。「この体の細胞 3年も経たないで 全部生まれ変わるなんて不思議だね」







冬の間色のなかった緑道に、少しずつ色彩が戻ってきた。

春の息吹、虫たちも生まれ変わる季節。


コロナで世界が変わっていく。なかなかタフな日々ではある。

ならば、俺たちも踏ん張って、生まれ変わろう。そう思えた。


*Pics by H.Takano with SIGMA fp + 65mmF2.0

6,707回の閲覧

最新記事

すべて表示
高野寛 Official site [HAAS] Since 1998.

© 2021 by SUNBURST Inc.​